看護師転職サイトランキングはこちら

【体験談】病棟看護師の時短勤務は可能?【子育て・ママナース】

病棟で時短勤務ってできるの?同じママさんナースはどんな感じなんだろう?

病棟に時短復帰する予定なんだけど不安だなぁ…

これから時短復帰するのが不安な方や、他のママナースがどのように働いているか気になる方は多いのではないでしょうか。

私は育休明けに時短として病棟に復帰しました。

その経験を踏まえて、『病棟看護師、時短勤務のリアル』をお伝えできればと思います。

この記事を読んで分かる事
  • 病棟で働く時短看護師の率直な感想
  • 病棟での時短看護師の役割
  • 時短看護師の病棟復帰で辛い場面
  • 病棟での時短勤務が無理と感じたらやること
目次

看護師の時短勤務で病棟復帰は無理?

結論から言うと、可能です。

実際に、私は急性期病院の一般病棟で時短として働いています。

私は7時間勤務で、部屋持ちやフリーとして勤務しています。

復帰1週目は残業が続きましたが、2週目以降はほぼ定時で帰る事ができています。

娘の慣らし保育の都合で夫が育児休暇を取得していたという事もあり、復帰直後も生活への支障は少なかったです。

病棟で時短って無理だと思ってた。

そんなイメージを持たれている方もいるかと思いますが、働く環境次第では十分可能です。

病棟で働く筆者が語る時短看護師の役割

実際に、時短で働く病棟看護師はどんな業務を任されてるの?

私の病棟の時短看護師が担当している業務は以下になります。

  • 部屋持ち
  • フリー
  • 新人さん・中途さんのフォロー係
  • リーダー

部屋持ち

時短勤務でも、もちろん部屋持ちはします。

他のフルタイム看護師同様、6~8人ほど受け持っています。

部屋持ちをしている以上、オペや内視鏡、化学療法など様々なイベントがあります。

「時短だから重症度の低い部屋」という配慮をして頂いているのかもしれませんが、もちろん毎回は難しいため、重症度の高い部屋を担当する事もあります。

重症部屋や介助量の多い部屋であれば、記録の量も増えるため、常に早送りで働いているようなイメージです。

フリー

私は7時間の時短ですが、同じ病棟には6時間の時短の方もいます。

そのため、私よりも6時間勤務の方がフリーを担当している事が多いです。

フリーだと情報収集の必要もないため、朝も余裕を持って出勤する事ができますよね。

フリーであれば残業となることも少ないため、定時ダッシュがしやすいです。

しかし、フリーは常に皆のサポート、手伝いをしなければという意識があるため私は部屋持ちの方が働きやすいと感じています。

新人さん・中途さんの指導係

え?フルタイムじゃないと無理なんじゃない?

これは、指導される立場の「新人さん・中途さん」の意見でもあるかもしれません。

私の病棟は若手のスタッフが多く、指導できる立場の人員が少ないため時短であっても新人さん・中途さんのフォロー役を担っています。

まさか育休復帰2週目で新人さんに指導する立場になるとは思いませんでしたが、おかげで思い出しながら仕事を進める事ができています。

私が退勤した後も新人さん・中途さんが困らないように、と考えながらフォローをしています。

リーダー

リーダーが時短で早く帰ったらまずいでしょ!

私の職場は、リーダーが2人体制で動いています。

そのため、これまでの時短看護師もリーダーをしていましたし、既に私もリーダー業務を行っています。

【時短=リーダー業務免除】ってわけじゃないんだね。

むしろ、部屋持ちをしたときの残務を他のスタッフへ依頼するよりも、リーダー業務を時間内に完結させる方が性に合っているなと感じています。

病棟で働く時短看護師が辛いと感じること4選

時短看護師が病棟で働くのって大変なの?

フルタイムと比べると働く時間が短いのでその面では楽かもしれませんが、「時短勤務だからこその大変さ」もあります。

病棟で働く時短看護師が辛いと感じること4選
  1. 引継ぎが申し訳ない
  2. 肩身が狭い
  3. 時間内に業務が終わらない
  4. 残業のダメージが大きい

一つずつ詳しくお伝えします。

引継ぎが申し訳ない

これまでにも説明した通り、時短勤務であっても「部屋持ち」をするため、自分が退社した後の引継ぎを誰かにしなければいけません。

OP迎えや、時間指定の処置・点滴投与など、「自分の勤務時間内には終了できない業務」を、他者に依頼しています。

これが非常に申し訳なく、仕方のないことであっても言い辛さを感じています。

時短なんだから、時間外の業務は依頼するのが普通なんじゃない?

私も、自分がフルタイムで働いている時はそう思っていました。

しかし、実際に自分が業務を依頼する立場になると、とても申し訳ないのです。

急性期病棟で働いているため、周りのスタッフも忙しさに追われているという事も要因のひとつかもしれません。

肩身が狭い

緊急入院来るけど、ぴりさん…は、時短だから頼めないんだった。
誰か他の人に頼むね!

時短のため、退社後の引継ぎのみでなく様々な場面で配慮をして頂いていると感じます。

16時以降の緊急入院など、残業になりそうな業務は時短看護師には回ってこないため、とても有難いです。

有難いと思う反面、「私はこの病棟で役に立っているのだろうか…」という感情が生まれてしまい、肩身の狭さを感じています。

産休前は、緊急入院・緊急手術、なんでも来い!と言わんばかりにバリバリ働いていたため、その時とのギャップに戸惑っているのも事実です。

時間内に業務が終わらない

フルタイムだった時は8時間で終わらせていた業務を、時短の時間内で終わらせなければなりません。

患者さんからすると、フルタイムなのか時短なのか、という労働形態は全く関係ありませんよね。

そのため、当然ですがフルタイムの方と同等の看護を提供しなければならないので、単純に時間が足りません

昼休みを削って記録をするなどして、なんとか終わらせるようにしています。

ケアや医療的処置のクオリティを下げるわけにはいかないので、その他の無駄をとことん減らしながら働いています。

詳しくは、【看護師の時短勤務は帰れない?迷惑?】にて時短勤務の実態を解説しています。

残業のダメージが大きい

まぁ、明日休みだし30分くらい残業してもいいか。

私も産休前は、こんな考えを持つ事がありました。しかし、時短勤務となるとそうは行きません。

時短で働いているという事は、終業後は「子育て」が待っているからです。

私のように、保育園のお迎えのために時短勤務を選択している方も多いのではないでしょうか?

そんな方にとって、「残業30分」はお迎えに間に合うか間に合わないかを決める、大きな30分になります。

延長保育料も積み重なれば、大きな額になってしまいます。

帰宅後の育児・お迎えの時間などを考えると、時短勤務の残業はこれまでの残業よりもダメージが大きいのです。

病棟で働く時短勤務は夜勤あり?なし?

時短なんだから、夜勤は無しでしょ!

そんなイメージが強いですが、結論からいうと「夜勤の有無は選べます」。

職場によるかもしれませんが、私の職場は日勤は6時間or7時間で働き、夜勤は通常通りの時間で働くといったスタイルです。

私は現在、日勤のみで働いていますが慣れたら夜勤も始めようと思っています。

私の職場は「夜勤をしなければ基本給を数%カット」、という規則があるため日勤のみで働く経済的デメリットがとても大きいのです。

とはいえ、祖父母など頼れる人は近くにいないため、夫が休みの日に月2回程度で無理なく組んでもらう予定です。

「時短での病棟勤務はもう限界!」と感じたら

時間内に勤務が終わらないし、引継ぎは申し訳ないし、病棟での時短はもう無理…

『病棟×時短勤務』は相性が悪いので、続けるのはなかなか難しいかもしれません。

そんな方は次の解決策が有効かもしれません。

「時短×病棟勤務は限界!」と感じたらやること
  1. パートへ変更する
  2. 部署異動を申し出る
  3. 病棟以外へ転職する

パートへ変更する

パートと時短って似たようなもんなんじゃないの?

そう思っている方も多いでしょうが、パートと時短は大幅に違います。

  • 土日など固定で休める
  • さらに短時間の勤務が可能
  • 業務量がグッと軽減

パートになる事で、このようなメリットを得る事ができます。

パートになれば、もっと定時で帰りやすくなって育児にかける時間が増えるんだね。

病棟の時短勤務で、残業が多い・週末の休みがない、と悩んでいる方はパートへの変更をお勧めします。

現在の部署・職場のままで、時短からパートに変更できるのであれば、新しく業務を覚える必要もないため一番スムーズです。

パートへの変更は、収入が減るといったデメリットもあるため注意が必要です。

部署異動を申し出る

これまでお話した通り、「病棟×時短勤務」は悩みがとても多いです。

そのため、働く場所を病棟から他の部署へ変更することで、現在の悩みを減らすことができます。

  • 外来
  • 透析室
  • 手術室

など、病棟以外の場所が現在勤めている場所にあれば、異動も検討してみましょう。

特にオススメなのは「外来」です。

想定外の事が起きにくく、ナースコールにも追われない環境は時短ナースにとって、とても働きやすいです。

異動はすぐにできるものではないため、病棟での時短勤務に限界を感じている方は早めに上司に申し出ましょう。

病棟以外へ転職する

確実な方法なら、病棟以外への転職が一番です。

実際に時短として病棟で働いている私が感じるのは、「時短×病棟の相性は悪い」ということです。

時短勤務で定時に帰りやすい職場に転職すると、これまでよりも心身の負担は軽くなります。

  • クリニック
  • 有料老人ホーム
  • 訪問看護
  • デイケア、デイサービス

このような、緊急入院や急変の少ない場所が、時短勤務の方にはおススメです。

もし、今あなたが病棟で時短で働いていて、残業や忙しさに悩んでいるのであれば転職をお勧めします。

でも、転職して時短で雇ってくれるところあるの?

職場によって期間や条件が異なりますが、時短での転職も可能です。

まずは、『看護のお仕事』などの、求人検索サイトで検索してみましょう。

キーワードに「時短」など入力すると、時短OKの求人が探せます。情報収集のみの利用も可能です!

\時短OKの求人を探す/

検索も可能ですが、担当者に転職の希望条件を伝えて探してもらうほうが効率が良いですよ。

転職サイトを利用した事ない方は、【看護師転職サイトのメリットとデメリットを徹底解説!】を参考にして下さい。

看護師転職サイトの中でも1番のオススメは、看護のお仕事です。

まとめ:病棟での時短勤務は大変!

病棟は、ナースコール、急変、緊急手術、膨大な記録などに追われるため時短で働くのはなかなか大変です。

私も毎日、時間と闘いながら仕事をしています。

仕事で疲れて、家事や育児がままならなければ本末転倒ですよね。

「病棟から離れたいけど、時短勤務は続けたい!」、という方は異動や転職で環境を変えてみましょう。

転職を検討している方は、こちらから時短勤務OKの求人を探してみましょう。

看護のお仕事」は、情報収集だけの利用もできます!

\時短OKの求人を探す/

「看護のお仕事」については、【看護のお仕事のおすすめポイントと注意点!】で詳しく解説しています。

時短勤務のメリットを最大限に活かせる場所で働けますように。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる