【人気】看護師転職サイトまとめ

看護師におすすめの退職代行5選!失敗しない選び方

退職代行が気になってて、安心して利用できる、おすすめの退職代行を知りたい!

近年、退職代行を利用する看護師は増えていますが、その中でも安心・信頼できる退職代行サービスを利用したいですね。

この記事では、以下のような悩みや疑問を解決しています。

  • 看護師におすすめの退職代行が知りたい
  • 失敗しない退職代行の選び方を教えてほしい
  • 自分は退職代行を使った方がいいのか知りたい
  • 退職代行を使った人の体験談が知りたい

数ある退職代行業者の中でも、看護師におすすめの企業を5つ厳選して紹介していきます。

いずれも、大手で実績もあるため安心して利用できる企業ばかりです。

この5つの中から選べば間違いない!という企業のみ紹介していますが、その中でもあなたに合った退職代行サービスを探してみて下さい。

目次

看護師におすすめの退職代行5選

おすすめ退職代行

退職代行の中でも、看護師におすすめの企業がこちらの5つになります。

スクロールできます
退職代行5選おすすめポイント費用

ネルサポ
業界最安値!
・追加費用なし一律料金
・労働組合が運営

一律22000円

弁護士法人みやび
弁護士による退職代行
・退職時のトラブルも安心
・どんなケースの退職もお任せ

55000円+α

わたしNEXT
女性の退職に特化したサービス
・労働組合による退職代行
・満足度98.7%

29800円(正社員)

退職代行ガーディアン
相談者全員退職成功の実績
・労働組合が運営
・スピード退職希望の方にお勧め

一律29800円

辞めるんです
業界初!後払いサービス
・前払いが心配な方にお勧め
・実績件数7000件!

追加費用なし27000円
看護師におすすめの退職代行

ネルサポ

    ネルサポ
費用一律22000円(相談無料)
連絡方法電話・メール・LINE
地域全国各地対応
強み業界最安値!労働組合が運営。
運営会社ネルサポート株式会社(労働組合)
ネルサポ

ネルサポのおすすめポイント

ネルサポは、【労働組合】が母体となっており、退職代行のプロとも言えます。

さらに、弁護士の監修も受けているため、退職代行の中でもかなり安心して利用する事ができる企業です。

利用料金は【一律22000円】で追加料金は一切かからないので、費用を押さえたい方にもおすすめです。

万が一、退職できなかった際の全額返金保証もあります。

\業界最安値!退職代行のプロに依頼/

弁護士法人みやび

引用:弁護士法人みやび

   弁護士法人みやび
費用55000円+オプション
連絡方法電話・メール・LINE24時間OK
地域全国各地対応
強み弁護士による退職代行
運営会社弁護士法人みやび
弁護士法人みやび

弁護士法人みやびのおすすめポイント

弁護士法人みやびは、弁護士が運営しているのでトラブルが起きても安心、どんなケースの退職も引き受けてくれます。

その分、費用はかかりますが残業代の請求や、退職金の支払いに不安がある方は、弁護士法人みやびがおすすめです。

パワハラやいじめを受け、損害賠償請求をしたいという方も利用しています。

  • 有休消化の交渉
  • 未払い残業代、退職金の請求
  • 損害賠償請求

こういった対応が必要になる場合は、経験豊富な弁護士と退職手続きを進めていけば安心です。

トラブルが起きた時が心配、何があっても守ってもらいたい、という方は弁護士法人である【みやび】に依頼しましょう。

\安心・信頼・実績の弁護士法人/

わたしNEXT

引用:わたしNEXT

   わたしNEXT
費用29800円(正社員)
連絡方法電話・メール・LINE24時間OK
地域全国各地対応
強み女性に特化した退職代行
運営会社労働組合/退職代行toNEXTユニオン
わたしNEXT

わたしNEXTのおすすめポイント

わたしNEXTは、【女性の退職に特化した】退職代行サービスのため、看護師の退職代行も多数取り扱った実績があります。

女性の多い職場、女性特有の悩みに対応してきたという実績は、看護師が利用する上でも安心です。

もちろん、退職成功率は100%で、全額返金保証もあります。

わたしNEXTは、利用者の98.7%が「大変満足」という評価をしています。労働組合が運営している事もあり、有休消化交渉・残業代退職金の請求が可能です。

\女性の退職ならココにお任せ!/

退職代行ガーディアン

引用:退職代行ガーディアン

   退職代行ガーディアン
費用一律29800円、追加費用なし
連絡方法電話・LINE 年中無休
地域全国各地対応
強み労働組合によるスピード退職
運営会社東京労働経済組合
退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンのおすすめポイント

退職代行ガーディアンは、労働組合による退職代行サービスです。

労働組合なので、有休や残業代の交渉・退職金の請求など、一般企業では出来ないサービスが可能です。

多数のメディアに掲載されており、退職代行の中でもかなり有名な企業なため、安心して利用できます。

過去の相談者で退職できなかった方は1人もおらず、その実績も本物だと言えます。

即日退職・スピード退職・有休交渉・安心確実な退職、などを希望されている方におすすめなのが退職代行ガーディアンです。

\労働組合によるスピード退職/

辞めるんです

引用:退職代行サービス【辞めるんです】

   辞めるんです
費用追加料金なし27000円(相談無料)
連絡方法電話・メール・LINE 24時間OK
地域全国各地対応
強み業界初後払いOK!
運営会社LENIS Entertainment 株式会社
辞めるんです

辞めるんですのおすすめポイント

辞めるんですの最大の魅力は、業界初の後払いサービスを取り入れているところです。

通常の退職代行は、支払いを行った後から職場に退職意向を伝え、退職手続きに取り掛かります。

辞めるんですの場合は、完全に退職が成立した後の支払いなので、前払いが不安な方・退職代行を使うのが不安な方にオススメです。

24時間、LINEやメールで相談できるので、お急ぎの方はいつでも連絡可能です。 

\退職後の後払いOK/

失敗しない退職代行の選び方

退職代行の選び方

退職代行サービスっていっぱいあるんだね。どうやって選んだらいいの?

これから退職代行を利用する方に向けて、どこに依頼するかを決めるポイント・選び方について説明します。

退職代行の選び方・ポイント
  1. 運営団体・対応内容
  2. 料金
  3. 実績
  4. 連絡方法

1.運営団体・対応内容

一般的に退職代行を運営しているのは大きく分けて以下の3つです。

①労働組合

②弁護士法人

③一般企業

この3つに大別されますが、それぞれ退職代行の工程で、対応できるサービス内容が異なります。

依頼する団体即日退職職場交渉裁判・損害賠償費用
労働組合×
弁護士
民間企業××
退職代行サービス内容

一番大事なのは、【有休消化交渉・残業代請求など職場との交渉ができるのは、労働組合弁護士法人のみ】ということです。

看護師が退職する上で、自力退職の場合でも有休消化についてはモメる場合が多いです。

20日も有休残ってるのに、全然使ってもらえないカモ・・・!!

そんなもったいない事にならないよう、有休がたくさん残っている方は、【弁護士法人みやび】や、【ネルサポ】などに依頼して有休を消化してもらいましょう。

2.料金

料金は運営企業によって異なりますが、およそ2.5万~5万円のところが多いです。

依頼する団体費用相場
労働組合3万円~5万円
弁護士5万円~10万円
民間企業2.5万円~3万円
退職代行費用比較

弁護士法人が最も費用が高く、民間企業は低めの設定になっています。

安心を買いたい方、損害賠償請求を検討している方は費用はかかっても、弁護士法人みやびなどの弁護士団体を利用して下さい。

コスパを考えると、労働組合がサービス内容も充実しており、安心とコストのバランスが取れています。

労働組合運営:ネルサポわたしNEXT退職代行ガーディアン

3.実績

実績とは、退職成功率100%や、〇〇人の退職代行に成功!など、数字で表している成果のことです。

退職代行を選ぶ際は運営団体や料金のみでなく、必ずその企業の実績をチェックして下さい。

実績を公開していない企業は、退職成功率が低かったり、そもそも起業したばかりで退職取り扱い件数が少ないなど、不安要素が考えられます。

退職を成功させるためにも、実績のある退職代行サービスを選びましょう。

4.連絡方法

退職代行会社へ連絡する際、電話しか対応していない、となると少しハードルが高く感じませんか?

最近は、どの企業も【メール・LINEでOK】というところがほとんどです。

その中でも、やはりLINEで連絡できる企業を選びましょう。

利用した事ない方はイメージがつかないでしょうが、いきなり退職代行を申し込むのではなく、まずは「相談だけ」という連絡もできます。

LINEでの相談が可能であれば、ちょっと空いた時間に連絡できるので、行動に移しやすいというメリットがあります。

退職代行を使うべき看護師

退職代行を使うべき看護師

円満退職したい、今後もその職場の人と交流していきたい、と思う事は自力での退職がベターです。

私は退職代行を使った方がいいの…?

料金を支払ってでも退職代行を使った方が良い看護師は以下のようなケースです。

  1. 退職意思を伝えても引き止められている
  2. 退職したいけど言えずに耐えている
  3. 過去の退職者が辞めるまでに苦労していた

退職意思を伝えても引き止められている

これは看護業界にはびこっている、悪しき文化のひとつですね。

退職したいと伝えても、ウヤムヤにされたり、「1年待って」などあり得ない引き止めをされる方がたくさんいます。

何度伝えても受理されないし、1年なんて待てるわけない。

そんな方こそ、退職代行を利用すべきです。

退職の引き延ばしは、言ってしまえば【職場のワガママ】です。

これから辞める予定の職場のワガママに付き合って、あなたの大切な時間を費やすなんてもったいなさすぎます。

正規の方法で辞めさせてもらえないのであれば、退職代行で辞めるしかありません。

退職したいけど言えずに耐えている

以下の記事で詳しく書いていますが、退職したいと思っていても、様々な理由で言えない看護師は多いです。

>>【辞めたいのに言えない…!理由と解決策を紹介します】

耐える・我慢する事を美談とする方もいるかもしれませんが、私は自分を守るためにも我慢する必要はないと思います。

我慢する事で追いつめられて、悪い結果に繋がる可能性があるならば、すぐにその職場から離れてほしいです。

退職代行を利用すれば、自分で上司に辞めたいと伝える必要はありません。

それどころか、一度も出勤しないまま退職する事ができます。

\安心・信頼・実績の弁護士法人/

過去の退職者が辞めるまでに苦労していた

この前辞めた先輩、時間もかかってたし、嫌な仕事たくさん押し付けられてたなぁ…

過去の先輩達の退職の経緯から、その職場の退職者に対する姿勢が分かります。

それまでの退職者が、退職を勝ち取るまでに苦労していたのであれば、あなたも同じ経験をする確率が高いです。

前述した引き止めだけが、退職までの苦労ではありません。

  • 退職が分かってから嫌がらせを受ける
  • 退職するからと雑に扱われる
  • ハードな勤務を組まれる
  • 残業をさせる、きつい仕事をさせる

このような光景を見てきたのであれば、あえて苦労する道を選ばずとも、退職代行を利用する方がご自身のためかもしれません。

退職代行を使わなくてもよい看護師

退職代行を使わなくても良い看護師

お金もかかるし、出来れば使いたくないんだけどね。

お金を使わずに辞めれるのであれば、それに越した事はありませんよね。

以下のような方は、退職代行を使う必要はありません。

  1. 人間関係が良く円満退職できそう
  2. 退職にどれだけ時間がかかってもいい

人間関係が良く円満退職できそう

上司に退職の相談がしやすく、スムーズに退職できる職場であれば、もちろん退職代行を使う必要はありません。

そんな職場であれば、1~2ヶ月ほど退職まで働く必要があったとしても、許容範囲かなと思えます。

自力で退職できるのであれば、費用もかかりませんし円満に気持ちよく退職できますね。

退職にどれだけ時間がかかってもいい

引き止めにあったとしても、1年くらいで辞めれたらいいかな。

少数派かもしれませんが、現状が辛くて退職したいという方でなければ、ただ時期を待つ作戦もアリです。

私は、「今すぐ辞めたい!」ではなく、「この年度のこの月に辞めたい。」と決めていたので、逆算して8ヶ月前に退職の相談をしました。

退職希望時期まで時間がある方は、引き止められるのを見越して早めに申告すれば、希望の時期に退職できる確率が上がります。

看護師が即日退職するためには退職代行を使うべき

即日退職のためには退職代行を使おう
  • 退職にかける時間がない
  • 現状が辛過ぎてすぐ辞めたい
  • 休職から復帰できる気がしない

このような方は、退職代行を利用して即日退職する事を強くおすすめします。

メリットとデメリットについてもまとめていますので、以下の記事を参考にして下さい。

看護師が突然退職(ばっくれ)するとどうなる?【経験談】

突然退職するとどうなる?

退職代行を使って、突然退職する事を「ばっくれ」と呼ぶ人もいるでしょう。

私自身、退職代行を使った経験はありませんが、退職代行で辞めていった方が同じ部署に居ました

辞めたのは前の職場の2つ上の先輩、物腰柔らかで仕事はキチッとする印象の方でした。

当時は「退職代行」について無知だったので、「そんな辞め方あるの!?」と衝撃でした。

退職後の職場の様子を、簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 「突然、退職代行で辞めた」という話題が出るが、1週間程度で皆飽きる
  • 既に組まれているシフトの勤務交替を頼まれる
  • 「辞める時は早めに申告を」というメールが来る

退職する側が一番心配するのは、既に組まれている勤務だと思いますが、最長でも1ヶ月です。

私が勤めていたのは急性期だったため、それなりに人数も多く、シフト面ではさほど影響はなかった印象です。

それよりも、委員会や係活動の仕事を、次担当する方が困らない状態にしておく方が重要かもしれません。

退職した先輩とは今でも交流があるので、当時についてインタビュー出来たら、許可を得て記事に追記していきます。

まとめ:あなたに合った退職代行を選んで退職しよう!

あなたに合った退職代行を!

退職代行は、それなりに費用はかかりますが、退職したい看護師の強い味方です。

本記事で紹介した企業を選べば、合法的に退職を代行してもらえます。

実績豊富で信頼できる企業に依頼しなければ、退職失敗の可能性もありますので、利用を検討している方は注意して下さい。

以下の退職代行サービスを選べば、安心して利用する事ができます。

スクロールできます
退職代行5選おすすめポイント費用

ネルサポ
業界最安値!
・追加費用なし一律料金
・労働組合が運営

一律22000円

弁護士法人みやび
弁護士による退職代行
・退職時のトラブルも安心
・どんなケースの退職もOK

55000円+α

わたしNEXT
女性の退職に特化
・労働組合による退職代行
・満足度98.7%

29800円(正社員)

退職代行ガーディアン
全員退職成功の実績
・労働組合が運営
・スピード退職希望の方

一律29800円

辞めるんです
業界初!後払いサービス
・前払いが心配な方
・実績件数7000件!

追加費用なし27000円
看護師におすすめの退職代行

同時に転職活動を進めたいという方は、こちらの記事を参考にして下さい。

>>【看護師転職サイトランキング!人気サイト厳選】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる