【人気】看護師転職サイトまとめ

中途採用看護師が語る6つの辛い悩みと解決方法3選!

看護師の中途採用には、どんな悩みがあるの?

転職したばかりなんだけど、毎日辛い…

転職を経て、中途入社した看護師が抱える悩みはとても多いです。

悩みから解放されたくて退職・転職したのに、その先でもたくさんの悩みがあるなんて心が持ちませんよね。

この記事では、中途看護師が抱える悩みとその解決法について解説しています。

この記事を読んで分かる事
  • 中途看護師が感じやすい悩み
  • 中途看護師の悩みの原因
  • 中途看護師のお悩み対策
  • 看護師が中途入社での転職を成功させるために

\中途看護師が働きやすい職場を探す/

目次

看護師の中途採用は辛い!悩み6選

中途入社したら、色んな悩みが待ってたよ…

まずは、中途で入社した看護師が感じやすい悩みを6つ説明していきます。

私も転職した際、このような悩みを抱えながら働いていました。

中途看護師の悩み
  1. 看護師の中途採用は馴染めない
  2. 「中途看護師は使えない」と言われる
  3. 中途看護師は放置されがち
  4. 中途看護師はいじめの的
  5. ローカルルールが多すぎる
  6. 「アナムネ聴取」される

看護師の中途採用は馴染めない

なかなか馴染めない…ある程度仲良しのグループって決まってるし、仕方ないか…。

中途採用では「同期」という存在が無い場合が多いため、なかなか職場に馴染む事ができません。

新人で入社した時は同期が居ることが当たり前でしたが、その有難みに気付きました。

当然ですが、既に「仲の良いグループ」も固まってしまっているため、どこかに所属するのも難しいです。

どこかのグループに所属したいわけではありませんが、最低限の交流は持ちたいですよね。

「経験がある」というフィルターがかかっているためか、どこか一線置かれている感覚が拭えませんでした。

「中途看護師は使えない」と言われる

あの人、中途で経験あるはずなのに使えなくない?

「中途看護師=即戦力」というイメージの方が多いのではないでしょうか?

もちろん、経験はあるため看護師としての基礎はできているかもしれませんが、新しい場所ですぐ活躍するのは難しいです。

即戦力と期待されているため、認められるまでのハードルが高いなと感じました。

転職してすぐは、「使えなくて当然」だと開き直る強い心も必要です。

「使えなくて当然なのに何言ってるんだろう?」くらいのスタンスで居る方が気が楽ですよ。

中途看護師は放置されがち

「使えない」と思われるパターンとは真逆ですが、「経験あるから教えなくても大丈夫だよね?」と思われるケースもあります。

結果、誰かフォローについてもらえるわけでもなく早い段階から1人での仕事を余儀なくされます。

これぞ放置プレイ…。物品の場所も分からないのに…。

「馴染めない」という悩みも相まって、分からない事があっても質問しにくい雰囲気があります。

オリエンテーションがないまま業務に就かなければならないような職場は、「ブラック」の匂いが強めです。

中途看護師はいじめの的

これはブラック職場では、よくあります。

それはあなたに原因があるわけではなく、「中途看護師」という新しい人材であることが原因になってしまいます。

「いじめ」とまでは行かなくとも、誰かしら「ターゲット」にしたい方々は多いです。

誰かしらをターゲットにしたい雰囲気の場所であれば、業務の粗探しなどのストレスを感じる場面が多いです。

新たなターゲットが現れるか、あなたが職場に慣れると改善します。

ローカルルールが多過ぎる

手術当日の内服指示は麻酔科じゃないよ。主治医に確認ね!

1日2回の抗生剤は、指示がなけれ日勤で投与してね。

降圧剤の指示は麻酔科がいいのでは…?
2回目の抗生剤は夜勤で投与すればいいのでは…?

働く場所によっては、「え?」と思うようなルールもあります。

それでも、中途入社である私はローカルルールに従うしかないのです。

業務改善できる範囲であれば行動しますが、明らかに変更不能なルールであれば従っています。

「アナムネ聴取」される

ぴりさんは、どこの病院に勤めてたの?前の職場ではお給料どれくらいだったの?お子さんはいるの?どこに住んでるの?なんでうちの病院を選んだの?

昼休みになると、とにかく質問責めです。

これまでの看護師としての経過のみならず、プライベートな情報まで色々と聞き出されます。

まさに「アナムネ聴取」ですよね!

中には優しさで、中途看護師が職場に馴染めるように話題提供をして下さっている方もいますが、あまり自身の話をしたくない方にとっては苦痛ですよね。

私もプライベートの話は、あまり触れてほしくないため濁しながら会話していました。

中途看護師が悩みを抱える原因

なんで、中途看護師はこんな悩みが多いんだろう…

中途看護師がこのような悩みを抱える原因について考えてみました。

中途看護師が悩みを抱える原因
  1. 前職と比べてしまう
  2. 相談できる相手がいない
  3. 中途看護師の受け入れ体制が出来ていない

前職と比べてしまう

前の職場は、あんなに良かったのになぁ…

中途看護師はこのようなことを一度は考えた事があるのではないでしょうか?

私もそうでした。何をするにも、前の職場と比べてしまいます。

処置の方法や、ラウンドの仕方、リーダーの動き方など、何から何までこれまでとは変化していたからです。

『思い出は美化される』ではありませんが、過去のやり方が100%と言わんばかりに、とらわれてしまうのは危険です。

他の場所での経験があるからこその悩みとも言えます。

相談できる相手がいない

新卒であれば、同期という心強い仲間がいますよね。

しかし、中途入社となると同じ時期に入社する同期がいるのは極稀であり、同期が居ない方がほとんどでしょう。

私も4月からの中途入社でしたが、同じ部署に中途の同期はいませんでした。

同期が居ないとなると、実質、本音で相談することができる相手はいないと思った方がいいです。

看護師として働く中で、相談できる相手がいないのは、かなり過酷です。

悩みの捌け口がないため、どんどんため込み落ち込んでしまうといった状況に陥ってしまいます。

中途看護師の受け入れ体制が出来ていない 

毎年、中途看護師を新規雇用しているような場所であれば心配ありませんが、そうでない場所は危険です。

「数年に1度しか中途看護師は入社しない」ような職場であれば、中途への指導方法や、業務への慣れさせ方などが行き当たりばったりの事が多いからです。

新人同様、中途看護師も指導方針が明確化されている場所でなければ、不安を感じながら働くことになります。

転職前に、中途看護師への指導法や、中途看護師の離職率についてはリサーチが必要です!

ネットには載らないような内部情報は、看護のお仕事看護roo!などの看護師転職サイトを利用すれば、担当者に調べてもらう事ができます。

中途のサポートが手厚い場所を探す

看護師の転職なら看護roo!

看護師に人気のサイトのみ厳選!

中途採用看護師が慣れるまでの期間は?

どれくらい経てば、馴染めるの…早く慣れたいよ~。

入社前から、どれだけ辛抱すれば良いのか…と悩みに悩んでいました。

もちろん個人差はあるかと思いますが、私の経験と私以外の中途看護師の様子からは、2ヶ月が一つの節目であったと感じます。

1ヶ月でまずは仕事に慣れる。2ヶ月で人間関係に慣れる。そんな感覚でした。

コミュニケーション能力が高い方や、転職の経験が豊富な方はもっと早く馴染めるかと思います!

中途採用看護師のお悩み対処法3選

早く馴染む方法とか、悩まない方法とかないの?

悩みを把握していれば、その対処法を実践しながら働く事が可能です。

では、私が実施した対処法で効果のあったものを厳選してお伝えします。

中途採用看護師のお悩み対処法3選
  1. 「郷に入っては郷に従え」
  2. 新人のような気持ちで働く
  3. 時間が解決するのを待つ

郷に入っては郷に従え

これは中途採用看護師全員、頭の隅に置いてほしいマインドです。

これまでにも解説しましたが、中途看護師は前職と現職を比較してしまいます。

比較するだけならまだしも、前職でのルールを現職に採用しようとするなど、始めから行動し過ぎると目をつけられやすいです。

心の中で、「こうした方が良いなぁ」と思う事は多々あるかと思いますが、始めのうちはグッとこらえてください。

慣れるまでは、「郷に入っては郷に従え!」と自分の中で唱えながら働く方が吉です。

改善したいと思う点があれば、職場に慣れたなと感じた頃に発信していきましょう。

新人のような気持ちで働く

これまでの看護師としての経験があるため、なかなか人に聞きづらい・頼らずに業務したいという気持ちも、とっても分かります。

しかし、その職場においては右も左も分からない新人のようなものです。

まさに、新人の頃に戻ったような気持ちで、積極的に質問したり、分からない事は学習したりなどの行動が必要です。

看護師としての経験はもちろん生かされますが、それは他者から評価があって初めて認められます。

ご自身で、「私は経験者だから!」というような態度は好まれませんので、気を付けましょう。

時間が解決するのを待つ

結局、最後は時間が解決してくれます。

何といっても1番辛いのは初日です、次いで次の日、そしてまた次の日…。

少しずつ職場のルールに慣れ、人間関係を把握することができるので、時間が経つ事で解決する悩みも増えます。

1日1日を乗り越えた事実が、「この職場で働ける。」という自信にも繋がります。

心身ともに立ち上がれないほど病んでしまっている場合を除き、まずは2ヶ月を目安に頑張ってみましょう。

一定の期間を超えれば、初日と比べると「行きたくない」という気持ちは小さくなっていることと思います。

私は、夜勤を開始したごろからスタッフとの交流も増え、段々と職場に馴染んでいくことができました。

中途採用看護師はストレスがたくさん!

悩みも多いし、色んな事に気を付けないといけないんだね!

転職する前に想像したよりも、中途採用看護師はストレスが多いです。

同じような悩みを抱えている、過去に抱えていた方々から、たくさんの共感・いいねを頂けたのがその証拠です。

そんな、中途看護師が感じるストレスを軽減させるためには、「転職を成功させる」しかありません。

次で、中途入社を成功させるためのコツを紹介していきます。

看護師が中途での転職を成功させるためのコツ

これから転職して、「中途看護師」となる方が転職成功させるためにやるべきことを説明します。

看護師が中途での転職を成功させるためのコツ
  1. ブラック病院を回避する
  2. 情報収取をしっかり行う
  3. 看護師転職サイトを利用する

ブラック病院を回避する

これまでにお話したような悩みは、圧倒的に「ブラック病院」で多発しています。

  • 人手が少なく指導ができない
  • 忙しいためすぐに1人としてカウントされる
  • 中途指導のマニュアルがない
  • 「新参者」を排除したい風潮がある

このように、中途看護師にとってマイナス要素が多すぎるため、ブラック病院は回避しなければいけません。

様々なところで働きにくさを感じるため、「中途看護師」じゃなくともオススメできない場所が多いです。

せっかくならホワイト病院で働きたくありませんか?

転職後の悩みを最小限にしたい方は、ブラック病院回避は必須事項です。

情報収集はしっかり行う

よく調べずに入社したら、相当ブラックだった…

そんなことにならないように、事前の情報収集がとても大事になってきます。

情報収集が転職の成功と失敗を左右する、といっても過言ではありません。

急いで転職する時ほど、情報収集が十分にできずブラック病院に引っかかる可能性が高いです。

転職する際の情報収集は、忙しくとも妥協せずに時間をかけましょう。

時間もないし、どうやって情報収集していか分からない。

そんな方は、『看護師転職サイト』の利用がお勧めです。

看護師転職サイトを利用する

看護師転職サイトを利用する事で、『中途看護師のサポートが手厚い職場』に出会う事ができます。

看護師転職サイトは、職場の内部情報にも内通しているため、中途看護師の支援状況についての情報も得られます。

特に、忙しくて時間がない人ほど看護師転職サイトの利用は、転職成功のカギになってきます。

中でも、おすすめは看護roo!看護のお仕事です。

求人数が多いため、選択肢が多いのが魅力ですね。

転職サイトからたくさん電話かかってきたりするの?

一度は電話連絡が入ります。転職したい方は転職希望時期を伝え、求人を見たいだけの方は「今は情報収集だけ」と伝えればOKです。

\中途看護師が働きやすい職場を探す/

まとめ:中途看護師は悩みがたくさん!

転職を経験した看護師は、多くの悩みを抱えています。

その経験を経たからこそ、転職前の情報収集が最も重要であると気付きました。

これから転職する予定のある方は事前の情報収集に力を入れ、本記事で紹介したような悩みを回避しましょう。

悩みは多いですが、慣れてしまえばこれまでの経験もきちんと評価されます。

転職直後は、あまり目立ち過ぎず黙々と働きましょう。

中途採用看護師が、よりよい場所で働けるよう私も尽力していきます。

転職成功したい方は看護roo!で検索

看護師の転職なら看護roo!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる