【人気】看護師転職サイトまとめ

【看護師】転職先で気をつける事!【20代で転職した経験談】

転職が決まったけど、上手くやっていけるか不安だなぁ。

転職前の看護師さんは、新しい場所に馴染めるか不安でいっぱいですよね。

私は新人看護師として3次救急の病院に入社しました。

その後、看護師経験5年で今勤めている2次救急の病院に転職しています。

その経験をもとに、転職を考えている皆さんに、アドバイスや情報発信できたらと思います!

この記事はこんな方におすすめ

転職予定の看護師さん

今の職場を辞めたい看護師さん

復職される看護師さん

転職したばかりの看護師さん

中途採用看護師については、【中途採用看護師が語る悩みと対処法を徹底解説!】で詳しく書いていますので、参考にして下さい。

目次

転職後に気をつけたこと

新しい職場で、どのように振舞えばいいか悩みますよね。

実際に私が気を付けたことについて、1 つずつお話していきます!

わたしが転職先で気をつけたこと
  1. 新人のような気持ちで働く
  2. 前の病院と比べない
  3. 年下でもこの職場では先輩

ひとつずつ詳しく解説していきます。

新人のような気持ちで働く

5年目といえば、そこそこ病院にも慣れてきてリーダーなど任されていた立場ですよね。

後輩の指導や、委員会活動、ICLSインストラクターなどもしてきました。

しかし、その事は綺麗さっぱり忘れて働こうと誓いました。

それはまさに、「新人に戻ったと思って働く。」ということです。

新人看護師時代を思い出して、事細かにメモを取ったり、今の病院での未経験項目があれば実施させてもらえるよう積極的に行動しました。

帰る前には必ず全員に、年下であっても、何かお手伝いできることありませんか?と声をかけていました。

言われて嫌な人はいないでしょうし、無言で退社するよりは印象もいいはずです。

休憩室でも、できるだけ存在感を消して控えめに過ごし、波風立てず職場に馴染んでいきました。

そうすることで、まずは態度面や仕事への姿勢といった面で、悪い印象を持たれないように気を付けました。

コミュ力の高い人でも、最初は控えめに振舞うのが無難ですよ。

前の病院と比べない

f:id:prie0908:20211210092110j:image

これで自爆する中途看護師を、今まで、たくさん見てきました。

前の病院ではこうしてました!
前の病院はこうじゃなかった!

言いたくなる気持ちは、よく分かります。

しかし、これは本当に最初のうちは禁句です。せめて3ヶ月は我慢して下さい。

業務改善、良いことを取り入れるという意味では、中途職員の意見は貴重です。

しかし、まずは様子見ましょう!

郷に入っては郷に従え

この言葉を心の中で100回は唱えました。

え、このやり方何?
それチガウヨ・・・

そう思う事も度々ありましたが、それを発信するのは今ではありません。

数ヶ月は、何事も目を瞑ってください。

真面目で熱心な人ほど、つい言葉にしてしまうので気を付けてください。

いきなり前の職場のアピールをされたら、新しい職場の方々は否定されたような感覚になり、いい気はしないでしょう。

自分を守るためにも、まずは新しい職場でのやり方を受け入れて下さい。

ただ、管理職の経験がある方や、看護師歴うん十年などというベテランさんにおいてはこの限りではないかもしれません。

わたしは20代半ばでの転職だったので、とてもじゃないけど発言する事はできませんでした。

郷に入っては郷に従え!

年下もこの職場では先輩

これが難しいですよね。当時は26歳くらいだったのですが、当然年下で経験年数も私より浅いスタッフが、たくさんいました。

1年目の新人看護師は私と同日入社だったので、さすがにあまり意識はしていませんでしたが、2年目〜5年目のスタッフには歳が下でも完全に敬語で、丁寧に接していました。

私はこの病院のやり方を全く知らないので、そういった若いスタッフにも教えてもらう事がたくさんありした。

自分は教えてもらう立場だと弁えて、振る舞うようにしていました。

今でも、私より先に入社していた年下の子には敬語です。

中途入社のサポート体制は?

経験のある私に、入社後どのようなサポートがあったのか説明します。

担当サポーターがつく

新人ほど、みっちりした感じではないですが、専属でフォローしてくれる人が決まっていました。

誰に尋ねてもいいのですが、分からないことがあれば優先的にその人に聞いていました。

3ヶ月ごとに、この病院での経験項目、未経験項目を確認してもらったりなど、なかなか手厚かったです。

未経験項目があったからと言って、咎められる事もなく、優先的に経験させてもらえるわけでもなく、何の目的があったんだろう、と今では思います。

主に、新しい業務を始めるときに教えてくれるというポジションにサポーターが居ました。

夜勤やリーダーの流れなど教えてもらいました!

実際の業務のフォローは?

入社当初は、私専属として1人スタッフがフォローに付いていました。フリーの看護師がフォローするのではなく、私専属のフォローです。

これって、めっちゃ手厚いですよね。

手厚いからこそ、ちょっとやりづらいんです。

流石に新人のように、ラウンドについてくるわけではないのですが、他人にチェックされるのが久しぶりの感覚だったので、気疲れしてました。

2週間ほどその体制は続き、段々と放置気味にはなってきていたので、こちらとしては気が楽になりました。

世の中の新人看護師たちは、毎日この調子かぁ…

専属フォローがいなくなってからは、リーダーなどに相談しながら仕事をしていました。

やっぱり1人で行動できるほうが楽ですね。監視されると、出来ることも出来なくなってしまいます。

1人行動が好きな私は、PNSの病院を辞めて本当に良かったと思います。

常に2人で行動するPNSについて知りたい方は、『PNSのメリットとデメリットを徹底解説!』という記事で紹介していますので、参考までにどうぞ。

中途入社は意外と認められるのが早い

これは、すぐに感じましたね。あれよあれよと仕事を任されるようになりました。

中途入社=他院経験がある、というのが評価されているのか、以前の職場よりも「看護師として認められているな」と感じました。

以前の職場は、新人から勤めていたので、どこかまだそのイメージが抜けなかったんだと思います、自分も周りも。

予想ですが、【三次救急の経験がある】という部分にも箔がついたのかなと思いました。

自分から以前の職場の話をすることはありませんでしたが、周りから尋ねられることは多かったです。

実際、心電図、呼吸音などのフィジカルアセスメント、点滴管理など、以前の病院と比較すると【テキトー】だと感じる部分は多々ありました。(2次救急がという意味ではなく、今の病院がそういう風習なのでしょう。)

裏を返すと、私は【ちゃんとしてる】と思われていたのか?など、自惚れています。すいません(笑)。

あっという間にリーダーを任され、新人指導担当となりました。

まとめ

いかがでしたか?私なりに気を付けた事について紹介しました。

看護師が転職後に気を付ける事

新人のような気持ちで働く

前の病院と比べない

年下もこの職場では先輩

転職後は、最初の振る舞いが肝心です。

一度、経験や年齢を忘れて、フレッシュな気持ちで働くのがオススメです。

最初は、新人からやり直しと思って状態いましたが、それまでの経験はちゃんと評価して頂けました。

むしろ、「こんなに、とんとん拍子でいいの?」というくらい、責任ある仕事を任されるようになり、以前の職場より仕事の達成感は大きくなりました。

私にとって、この転職はかなりプラスになったと言えます。

転職を悩んでいる方は、新たな場所で働く事への不安もあるでしょうが、今より働きやすかったり、やりがいが大きくなることもあります。

はっきりとした時期は決まっていなくとも、転職の情報収集は早めに行う事をお勧めします。

\公式ページで検索/

非公開求人は、すぐに募集が終了となる事もあるので要チェックです!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

↑頑張り中なのでクリックお願いします!↑

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる